「博多ではたらく 副実行委員長の告白」~古文書?との出会い 編~

みなさま、こんにちは。

チーム49の田中良和です。

 

 

「博多ではたらく 副実行委員長の告白」~古文書?との出会い 編~!!!!

参ります。

 

 

昨日、福高記念館に行ってきました。1Fの資料室です。

通常は厳重なセキュリティが掛かっていますので、室内に入られたことない方もいるかもしれませんね。

ここには、福高の歴史が沢山詰まっています。

左の写真は、卒業アルバムを保管している本棚です。いつもは施錠されており、中のアルバムを見ることはできませんw

そこで、ご協力下さったのは、福中25回の今津勝行 先輩。

福高記念館の主?ともいわれる方で、あさぼらけの編集を14年も務められたそうです。

後輩の頼みならと、宗像のお住まいから足を運んで下さり、ご協力頂きました!!

 

50歳も上の先輩のお力をお借りして行ったのは、この卒業アルバムの撮影です。

 

 

創立100周年を控えた母校の歴史を探るべく、鍵を開けて頂いて目にしたのは、福岡中学時代から現代までの卒業アルバムたち...。まるで、古文書のようではありませんか!!!ww

これ、まさしく福高の歴史です。右から読んでくださいね、『卒業記念写真帖』とはっきりとお分かり頂けると思います。すぐ下には、『福岡中学校』の文字。

このような代物が、ぎっしりと保管されています。

確認ができた中で最も古いものは、福中6回(昭和2年)のものでした...

 

校訓なども当時の写真で確認することができるため、当たり前のことですが長く続く母校の歴史に触れ、非常に感慨深い時間でした。

 

もちろん、私たちのような素人集団が上手に撮影などできませんので、そこはプロの製作チームに依頼しております。光の反射を防ぐプロ仕様の機材たちが福高の歴史を切り取って行きます。

 

アルバムを1ページずつ撮影していくのですが、この素材を繋いで繋いで...

 

たくさんの福高の『顔』を表現したいと思っています!!

 

こちらの写真はおまけです(笑)

 

チーム49の運営チーム長 坂元俊介氏。

卒業アルバムを読みあさって、独自の楽しみ方をしている瞬間をおさえました!!!

 お世話になった先生方の若かりし頃を探し出してニヤニヤするという、この日にしか出来ない遊びをしてました。とにかく、こんなに楽しそうな坂元氏を見たのは、高校時代以来だと思います!!