箸置き作成秘話 その二

こんばんは、今林縁子です。
本日は箸置きの作成過程における素焼きの作業をご紹介します。
うっかりカメラを忘れていったのでケータイの荒い画像しかないのですが、このように窯にぎっちぎちに詰め込んでゆきます。

言うほどぎっちぎちではないですが、素焼きなので薬もかけてませんのでつめて並べてます。
そしてこの電気窯で六時間ほど焼けば素焼きは完成です。
ちなみにこの電気窯、なにが弱点かって、雷です。
近くに雷が落ちると窯を制御しているマイコンがだめになってしまうので、焼いてる間はお天気に注意です。明日は雷だそうですが、雷が落ちるころにはおそらく焼きあがっているでしょう。
そんなこんなで本番前の肩慣らし的作業。素焼き。
このあと本格的な手間のかかる作業が待ってます。
さてさてこのブログをごらんいただいている49回生のみなさま。
どうぞ本焼き作業にご協力お願いします。
FBをされてない方で、ご協力お願いできる方は同窓会49回生のアドレスのほうにご連絡お願いします。
日時は4/28日日曜日の昼間を予定しています。
次の作業は見ごたえありますよ~。
ご期待くださいませ。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    今林 縁子 (水曜日, 24 4月 2013 13:08)

    28日の予定でみんなの都合を聞いたところ、ほぼ全滅という悲しい現実がありました。
    なので29日に変更します。すみません日程の調整されてた方、再調整お願いします。
    お気軽にご連絡くださいな。もしくは当日飛び入り…。
    あ、あと送迎の希望とかも承ってますよw よろしくです。