「博多ではたらく 副実行委員長の告白」~あれからもう1年か...編~

みなさん、こんにちは。

チーム49の田中良和です。

 

「博多ではたらく 副実行委員長の告白」~あれからもう1年か...編~

今回は、ちょっと番外編でお送りします。奮闘は奮闘でも、1年ほど前のチーム49初期の頃です。参ります!!

 

みなさま、まずは写真をご覧下さい。

向かって右側は、現在副実行委員長を務めております 森伸明と申します。

そして、左側は私、同じく副実行委員長を務めております 田中良和です。

いろいろと画像を整理していましたら、当時の写真と共に蘇ったあの瞬間の記憶...今思えば、あまりにもみっともなくテンパッた瞬間でしたので、是非みなさまにもご披露させて頂きますね。本当に番外編ですww奮闘日記と言っていいものか、ご判断はお任せします...

 

時間は昨年の同窓会総会の、更に前まで遡ります。まだまだ走りはじめたばかりのチーム49は48回生が幹事を務める総会当日への参加者集めを行っていました。次年度の幹事を行うためには、より多くの同級生と参加をして、同窓会総会の雰囲気を肌で感じること・幹事の業務をたくさんの目で確認する必要がありました。

この頃の実行委員会は私たち2人と、上田浩司(実行委員長)、増本夏子(副実行委員長)の合わせて4人

Σ(゜д゜|||)

勘の鋭いみなさまなら既にお気付きだと思いますが、この段階での人集めではもはや遅れを取っています。48回生からは最低でも30人でおいでと言われていたように記憶しています。

 

49回生を代表する赤点コンビだった我々2人は、難しい組織計画などはあとの2人にお任せして、しかも格好つけて「人集めは任せて!!」と啖呵を切っていました。不安がなかったとは言いませんが、嫌な予感は的中するもんです。

いよいよ本格的に人集めをするタイミングがやって来ました。私と森は大したアイデアもなく、とりあえず集まることに。何を思ったか、卒業アルバムを抱えて...しばらく考えました。

手にはアルバム、片隅にはアイスコーヒーという何とも緊張感のない状況で、第1回人集め会議スタート!!

クラスごとにアルバムのページをめくりながら、当時の「顔」をひとりずつ確認しながらの、あーでもないこーでもないを経て、各クラスのキーマンを探し出す作戦です!!

 

が...

 

私たち2人は2年・3年と同じクラス...しかも二人ともラグビー部というオチが!!!!!!!!!

情熱をもってラグビーに打ち込んだ3年間...真剣だったからこそ生まれたラグビー部の仲間との絆...

不本意ながら、それと引き換えに生まれたとっても狭い人間関係(笑)特に、理系クラスなんて手も出ない...

あっという間に全クラスのページをめくり終え、ようやく出た一言。

「まるかぶりやね」

この瞬間の『困った』を49回生に発信すべく、ベローチェのおねえさんに撮ってもらった1枚です。

どうですか??だいぶテンパッてる雰囲気出てますよね。

この瞬間があったからこそ、現在のチーム49があるのだと、森・田中の両名は信じております。

 

この写真をFacebookにアップした後、コーヒーを一口飲んでから、ある同級生に電話を掛けました。

「Help!!!!!!!」

言うまでもありませんが、

 

「何で卒業アルバムなん??」

 

との、冷静なコメントでした(爆)

その後の49回生みんなの支えもあって、なんとか48回生総会には無事に参加できました。