「博多ではたらく 副実行委員長の告白」~協賛広告、屈強のスクラム編~

みなさま、こんにちは。

チーム49の田中良和です。

 

「博多ではたらく 副実行委員長の告白」~協賛広告、屈強のスクラム編~

まだ続いてます!!では、参ります。

 

今年もたくさんの方々に同窓会総会に足を運んで頂くため、新聞告知広告の掲載をさせて頂きます。

例年ご協賛頂いている先輩方に於かれましては、「またこの季節がやってきたのね」とお感じになられた方も多いことでしょう。おかげさまで順調に進んでおります。先輩方に感謝の毎日です。ありがとうございます。

たくさんの先輩に支えられながら、私たち49回生は当番幹事の業務を果たしていくのだなと実感しています。

 

さて。私たちチーム49には協賛広告の業務をまとめ上げる屈強の二人の男がいます。

どちらもラグビー部OBの、広告グループ長 嶋田駿一と、広告班長 松村武紘 です。

今回は、そんな屈強男の「顔」に迫ってみたいと思います。

この協賛広告、今年の掲載目標を238枠とさせて頂きました。数ある幹事業務の中で、最もエネルギーを注いで時間と労力を費やすと言っても過言ではありません。例年ご協賛頂いている方々にご連絡するところから全ては始まります。チーム49では、細かく班を分けて臨んでいます。まずはご連絡をさせて頂いて、訪問のお願いや案内文の送付をお願いをさせて頂きました。期限も明確にありますので、スケジュール管理と進捗を把握するだけでも一苦労のこの業務。情報のやり取りのためのフローやマニュアルももちろん、彼らによって手掛けられました。現在進行中です!!

そんな二人の広告チーム結成秘話を少しだけ紹介したいと思います。

班長の松村はこの数年、協賛広告の募集に関わっており若干ライフワークになりつつありましたwそう...彼の勤務先は、西日本新聞広告社...逃れられない立場で、かなり早い段階で広告の責任者になることは決まっていました。そんな中、当番幹事の責任を微塵も感じていない私はグループ長になる前の嶋田に電話をしたのを覚えています。↓

 

「嶋田~、武ちゃん(松村の愛称)が同窓会の広告するみたいやけん、今年は何かしら手伝わないかんばい!!」

 

嶋田は一言。

 

「そうやねぇ」

 

まあ、1年前はこんなもんです。逃れようと結構真剣に考えたそうです(本人談)ww まだこの時は、後に

何が起こるのか私も、嶋田も、もちろん松村も予想もしていませんでした...

そんなこんなで、そろそろ協賛広告に着手していく頃、松村から予想を超えた一言が。

 

「自分は全体の取りまとめなんで、実務の責任者が別にひとり必要」

 

Σ(゜Д゜|||)

 

今考えれば当然なんですが、松村はお申込後の校正などの細かい業務があり、リアルタイムで進捗を把握できるパートナーが必要なのです...(沈黙)...頭を抱えること、僅か数分...

 

「あ!そのパートナーの役、嶋田で」

 

というムチャ振りに近いかたちでww 森伸明(副実行委員長:ラグビー部OB)の独断により選任されましたw翌日には嶋田に連絡も済みまして、本人にとっては『もらい事故』のようなかたちで承諾を得たのでした(笑)

こうして広告グループ長と班長が生まれ、現在に至っています。そんな二人の極め細やかなフォローと言ったら、まるで柔らかい毛布にくるまれているよう...そうなんですw これが屈強の男の日々!!私たちが入手した情報を集約するのに、彼らは自分の仕事が終わってからやり取りをするそうで、時には深夜におよぶこともあったのだとか。今日も二人からの指示が飛びます。

 

実はこの二人。

高校時代はラグビー部の最前線でスクラムを組んでいたんです。いわば、当時から相方!!県内屈指の強豪を相手に一歩も引かず、力強く当時のチームを支えてくれていたのを私は見ていました。

現在も最強のスクラムっぷり!!!そして、相方っぷり!!

左上の画像は彼らが構築した体制表ですw チーム49は、7つの班に別れて臨んでいます。二人の迅速かつ的確な対応にいつも助けられています。

そんなこんなで、チーム49の広告募集も終盤戦に突入しました。これまでも大変温かく迎えて頂いておりますが、尚一層の温かなお申込を、この屈強の男二人が心からお待ちしております。宜しくお願い致します。

 

余談ですが...

嶋田はこの数年(いや、10年を超えたかも...)の間、全くラグビーボールにも触れておらず、屈強男はもはや過去の姿との噂がありますが、ここだけの話にしてくださいね(・∀・)ナイショ