美野島で奥八女の山の幸が味わえるお店

こんにちは、実行委員長の上田浩司です。

今日は、福高とゆかりあるお店で福高がきっかけの飲み会を開いた時のお話です。

 

博多区美野島に、「なごみ」というお店があります。このお店は奥八女の鮎や燻製料理、そしておいしい農産品を使った料理が味わえる店です。

 

このお店はただ単に八女のつまみを食べ飲みするだけの店ではありません

過疎・高齢化に悩む地域の雇用創出を目的として開発された鮎製品、遊休農地を活用してボランティアと地域の人が一緒に育てた芋で作った焼酎等、地域への思いの詰まった品々のアンテナショップであり、また、それを支える取り組みの情報発信基地でもあります。

 

このお店の店長が藤木国治さん(嘯月会平成3年度卒)、また運営母体であるNPO法人グラウンドワーク福岡には高校49回卒の齋藤かおりさんが所属しています。 

 

先月、同窓会関係のお話をしに、高校47回卒の斉藤昌平さんの所に同級生3人で伺いました。斉藤昌平さんも地元・箱崎のまちづくりに携わっており、グラウンドワーク福岡ともつながりがあった事から、話が盛り上がり

 

「なごみ」を盛り上げるために飲み会しよう!

 

という事になりました。

料理は、グランドワーク福岡の事務局長大谷さん自ら腕をふるいます。

 

おいしい田舎料理が続々と出てきます。

あゆの酢の物とか珍しい。すごくおいしいです。

一番のお勧めはこの、鮎の素揚げ。カリッと揚げられた鮎は香ばしく、軽快な歯触り。かみしめるほどに旨みが広がります。なごみではコレが一番好きなメニューです。

同窓会の仕事から、とっても楽しい飲み会に繋がりました。

 

このお店、美味しいだけじゃなく、農村振興にもつながる意義あるお店。

是非一度お出かけください。

 

八女の鮎と燻製料理 なごみ 美野島店

福岡県福岡市博多区美野島2-16-8 日大ビル 1F

092-475-1335

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40033413/