福岡の街の本屋さん

初めまして。
平成25年度同窓会総会の当番幹事副実行委員長の、高校49回増本夏子と申します。
今、私たち49回生は幹事業務を通し、福中・福高のOBの方々に出会ったり、そのご活躍を知る機会を得て、予想以上に人と人が繋がっていることに驚いたり、博多ならでは、福中福校ならではの土臭さや温かさ、懐の大きさなどを感じています。このコーナーでは、チーム49が今回の当番幹事を通して、改めて知った福岡の「顔」、その魅力を少しでもお伝えできたらと思っています。
 
さて第1回です。直近お訪ねした福岡の「顔」。
兼ねてよりその佇まいと絶妙なセレクトが魅力的で、個人的にファンだった福岡の街の本屋さん「ブックスキューブリック」。 オーナーの大井実さまが高校32回のOBとの噂を聞きつけて、突撃してきました!けやき通りのお店が第1号で今年12年目とのことですが、2008年にオープンした箱崎店には初めてやってきました(^-^)/
けやき通り店は本屋さんのみですが、箱崎店は1階が本屋さん、2階がカフェ・ギャラリースペースになっています。まずは2階のカフェにて、とっても美味しいガトーショコラとベルギーアイスでエナジーチャージを済ませ、いざオーナーの大井さまにご挨拶!

突撃訪問にも拘らず1時間ほど、福岡高校の輩出している文化人のお話や高校時代のお話、同窓会がきっかけで始まった福高出身の奥様とのエピソードなども聞かせていただきました。実は隠れた(?)ラグビー部OBということも判明!(49の幹事メンバーはラグビー部が多いのです。)
芥川賞作家二名(岡松和夫さま、藤原智美 さま)、直木賞作家二名(原りょうさま、白石一文さま)も出している高校は珍しく、全国でもかなり上位ランクだそうです。映画監督も数名おられますね。石井岳龍(石井聰亙)監督は、私たちが現役時代「水の中の8月」(1995)を撮影・上映されましたが、デビュー作の「高校大パニック」(1976)はちょうど私たちが生まれる前に上映され、熱狂的な支持を得たようです。これを機に先輩方の作品に触れてみたいと思います。
同窓会は、子育てが落ち着いた女性の参加が増える40代から、ハズレモンの参加もちらほら増えてくるよーとのアドバイスもいただきました。

珈琲もおいしく、ランチも人気が高いようです。子供スペースもあり、お子様連れの方でも気持ちよく過ごせるお店です。2階のギャラリーでのイベントも興味深く、またお伺い致しますね!大井さまありがとうございました!

ブックスキューブリック 箱崎店
福岡市東区箱崎1丁目5-14 ベルニード箱崎1F
[営業時間] AM11:00~PM8:00(日・祭日~PM7:00
[店休日] 毎月第2・第3月曜
TEL 092-645-0630 FAX 092-645-0631
カフェ&ギャラリー・キューブリック
[営業時間]AM11:30〜PM7:00
[店休日]毎週月曜日
TEL092-645-0630 FAX 092-645-0631

http://www.bookskubrick.jp